Archives

You are currently viewing archive for March 2014
Category: 演劇・美術
Posted by: juillet
26日に新橋演舞場でやっている「空ヲ刻ム者-若き仏師の物語ー」を観に行ってきました。これは「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」と称するもので、歌舞伎役者ばかりでなく、現代劇の俳優である佐々木蔵之介や福士誠治、それに、私の大好きな浅野和之もでるってことで、ずいぶん前から楽しみにしていました。

「スーパー歌舞伎」は先代の猿之助(三代目)のときは、猿之助のための猿之助の舞台って感じでしたが、セカンドはちょっと違いました。当代猿之助が軸になり、それぞれの役割がうまく分担されていて、皆がおいしい役って感じです。以前のスーパー歌舞伎に比べれば少し地味な感じがしました。まぁそれでも十分派手ですが。

歌舞伎と現代劇の中間って感じなので、わかりやすいし、舞台が派手なので面白く鑑賞できました。回り舞台をうまくつかって、瞬時に舞台がかわったり、宙乗りがあったりと歌舞伎ならではの演出と、現代劇の3人の俳優さんが、うまくかみあって、これなら初めて観る人でも楽しめる芝居です。歌舞伎界の旗手として、新しいものに挑戦してきた中村勘三郎亡き後に、こういう舞台ができる人が現れたのは嬉しい限りです。
タイトルの「空ヲ刻ム者」もスーパー歌舞伎にしては、やや地味目ですが、文学的で私の好みでもあります。

それにしても、ストーリーテラーのような役割を担っていた浅野和之さん、いい味だしてました。やっぱりこの俳優さんいいなぁ~。


yoruyoru
今週の展示は「yoru」。映像・写真をつかったインスタレーション。映像の展示が続きましたが、それぞれ個性があって、今週もまた素敵です。「夜」を表現しながら、その裏側にある昼も垣間見れる、そんな展示です。是非お越しください。4月1日まで。





03/21: 伊予地震

Category: General
Posted by: juillet
1週間くらい前に、瀬戸内海震源の最大震度5強の地震がありました。
岡山に友達がいるので、心配しましたが、「すごくゆれてこわかったけど、被害はない」とのことで一安心。しかし、ツイッターに載っていたこのツイートをみて怖くなりました。

つまり、震源地が、休止中の伊方原発のそば。建設中の上関原発にいたってはさらに近いところ。こ、こんなところに原発つくるのですか。
おりしも、東日本大震災から3年とメディアで大きく取り上げていた日から、わずか3日後です。これは、原発をつくってはいけないと警告のように思えてなりません。

だいたい、福島原発の事故さえなければ、震災の復興はもっとはやく進んだはずです。東北で摂れた食べ物だってどんどん売れたに違いない。原発事故は忘れてはならないし、繰り返されてはなりません。そのためにも、はやく日本から原発がなくなることを願ってやみません。

ところで、この伊予地震、18人のけが人がでたにもかかわらず、メディアでの取り上げ方が少ないことが気になりませんか?


ハニカム展ハニカム展
今週の展示は「ハニカム展」。武蔵野美術大学映像科の学生さんの6人展です。6人6様、それぞれ好きなものを作っているけれど、映像科らしい一味違った展示となっています。是非ご覧下さい。25日迄。
©2003-2013 Galerie Juillet.