8月は暑いうえにオリンピックがありました。スポーツ観戦大好きな私は、テレビでオリンピック三昧。リオー東京は時差12時間、さすがにこの年で昼夜逆転生活を送ると体調崩すので、自重しながらではありましたが・・・。

思えば8月は、熱海に花火を見に行ったくらいで、高円寺・阿佐ヶ谷エリアからでていません。オリンピックも終わったしってことで、先日、歌舞伎座に「8月納涼歌舞伎」を行ってきました。
8月の歌舞伎座は三部制、第二部と第三部を通しで観ました。第二部の「東海道中膝栗毛」はやりすぎ感はありましたが、夏歌舞伎らしく楽しい感じ。三階席でしたが、宙乗りのすぐそばで、すごく得した気分でした。また、松本金太郎・市川團子の11歳・12歳コンビが素晴らしく、将来が楽しみです。

三部は、「土蜘蛛」と新作歌舞伎の「廓噺山名屋浦里」。二部のような楽しく気楽な感じかなと思っていたら、これがなかなかのもの。特に「土蜘蛛」の小姓役の市川團子が素晴らしい。第二部の「膝栗毛」は世話物かつ現代風だったのですが、「土蜘蛛」は舞踊劇でいわば伝統歌舞伎の演目。台詞や間の取り方やかなり難しいはずなのに、大人顔負けの素晴らしい演技でびっくりしました。市川團子は市川中車(香川照之)の息子で、現猿翁の孫にあたります。血筋は確かながら、中車が歌舞伎界入りしたのが日が浅く、親から芸の継承をしているわけではないので、よけいにびっくりです。才能ってこういうものなんだなぁと感心してしまいました。今後が楽しみどころか、注目して追っかけていきたいくらいです。

やー、やっぱり外にでて、生でいろいろ触れなきゃだめよね。と思いました。
えっ、昨日全米オープン(テニス)のドローがでたって?そう、月曜日から全米オープンが始まります。ニューヨークなので時差は13時間。だめじゃん、また不規則なテレビ三昧の日々が続きそうです。


朝夜展朝夜展
今週の展示は「朝夜展」。女子美術大学・写真部による写真展です。美大の写真部らしく、展示のしかたがまとまっています。それぞれが感じた「朝」と「夜」をお楽しみください。30日まで。