管理人の独り言

管理人の独り言 le monologue

万世橋

Category: General
少し前のことですが、評判がよい「古書店まんせい堂忌憚」という謎解きゲームをやってきました。4時間ほどかけて最後まで解けましたが、最後の大謎が素晴らしい!なるほど評判が高いわけです。

この舞台となったのが、マーチエキュート神田万世橋。国鉄の旧万世橋駅の階段やプラットフォームを残した、新しい商業施設です。
建物の2階がプラットフォームになっていて、そこにあるカフェでお昼を食べていたら、すぐそばを中央線がこんな風に通りました。
万世橋からの中央線
ひゃー、こんな近くを中央線がー、とテンションがあがります。

現JR御茶ノ水駅と秋葉原駅の間にある旧万世橋駅界隈は、神田神保町で生まれ育った私には、なじみのある地域です。もちろん万世橋駅があったのは、私が生まれるよりずっと前ですが。
赤煉瓦の建物や近くに運河のように川がながれているのに、なつかしさを感じ、おしゃれなショップやカフェに新しさを感じたりで、なかなか魅力的な場所ではありましたが、何回も行きたいかっていうとそうでもないような気がしました。

そうか!それを補っているのが謎解きなのね。謎解きをしながらマーチエキュート神田万世橋を楽しむ。これが最良の楽しみかたかもしれません。商戦としてうまい方法ですね。
万世橋にもう一度行きたくなるような、謎解き第2弾があるといいなぁ~。


embodiment2embodiment2
今週の展示は「EMBODIMENT 2」、絵画・彫刻・ガレージキット・映像を用いた作家5人による自己観念の具現化した展示です。それぞれの個性を感じに是非お越しください。明日(9日まで)
(2018年10月08日)

「天空橋」という名の駅

Category: General
去年から行きたかった、はとバスの「川崎工場夜景運河クルーズ」に参加してきました。
5時ごろに東京駅から、舞浜のシェラトンに向かい、そこでお食事。そして車窓から、レインボーブリッジ、ディズニーランドや東京の夜景を見ながら、羽田空港付近の桟橋から乗船、工場夜景を見るというちょっと贅沢なコース。1か月以上前に申し込んだときは1番のりだったので、そんなに人数いないのかもと思ったら、バス2台でびっくり。どうやら人気コースのようです。

クルーズは、工場夜景と羽田空港から頻繁に離発着する飛行機、そして運河、目だけではなく、飛行機の音や工場の余剰ガスを無害化するフレアスタックや、運河の波の音と匂い、五感を刺激する異空間は、近未来の雰囲気でした。
工場夜景工場夜景

この運河クルーズの乗り場のすぐ近くの駅がK急の「天空橋」という名の駅。失礼ながら、K急の駅名ってなんだか泥臭くてさえない駅名が多いように思うのですが、この駅名は素晴らしい。空港や運河に近い駅名にぴったりで、わくわくしてきます。全部漢字なのもうわついた感じがなくていい。
駅の出口は何の変哲もない地下鉄出口のようでしたが、暗いところに、あくまで普通に看板が浮かび上がっているのが、逆に素敵なことが起きる予感すらして、またよかったです。

名前のつけかたって重要なんだなーと思わせた日でもありました。


15th BIRTH15th BIRTH
今週の展示は、FIELD EDGE DESIGNZ.15周年記念個展「15th BIRTH」、オリジナル革製品の展示です。クラシカルでもあり未来的でもある革製品たち、是非ご覧ください。11日まで。
(2018年09月08日)

アジア大会

Category: General
アジア大会真っただ中です。今回は毎日テレビでやっているので、スポーツ観戦が好きな私は、ついつい見てしまいます。水泳の池江選手、6冠ですごい、他の水泳の選手も頑張ってる、バトミントン団体も女子も男子も40数年ぶりと金とか銅とかで、日本すごいじゃんと思いながら観戦しています。

このアジア大会の種目に「ブリッジ」というものがありました。「ブリッジ」ってトランプしか知らないんだけど、どんな競技?と思って調べたら、本当にトランプの「ブリッジ」らしいです。ふーん、アジア大会ってスポーツだけじゃないんだ。よくよく調べてみると、1試合2時間くらいかかる長丁場なので、神経が磨り減ることに関してはスポーツと同じくらいなのかもしれません。しかも日本の混合団体はトップ発進なんだって、へー。
アジア大会はオリンピックより競技数が多く、選手の年齢層が高い「ブリッジ」が入っているのが、ちょっとほのぼのとして、個性的でいいなと思います。

水泳は今日で終わってしまったけれど、陸上もこれから始まるし、まだまだ楽しみな競技が残っています。他の競技同様、「ブリッジ」もどうなるか、注目していきたいと思っています。(テレビではやらないけど)
来週の月曜からはテニスの全米オープンも始まります。(テニス観戦も好きです)楽しみはつきませんが、そ、それも少し困る。やるべきことはやらなくっちゃね。や、やりますよ…

kimamakimama
今週の展示は「kimama・」、多摩美術大学生の二人展。陶の展示です。自由きままに創作した陶の作品はのびのびとして、またどこかおしゃれです。3日間だけの展示で26日までです。


(2018年08月24日)

箱根謎解きをふたつ

Category: General
台風の影響なのか、東京は今日は少し涼しいですが、今年の夏は本当に暑い!大した用事がないときは夕方から外出してしのいでおります。暦は立秋ですが、いつまでこの暑さが続くのかと思うとげっそりしてきます。
ジュイエトップ画も、7月から夏らしく花火にしています。フォトグラファー(兼俳優)の富田大樹さんの作品で、漆黒の闇の中の花火でなく、群青色の空に花火というのが、夏の日の長さを感じてとても気に入っています。

さて、こんなに暑くなる前ですが、箱根に謎解き旅行に行ってきました。
箱根仙石原プリンスホテルの「本と歩く謎解きの夜~あるジャーナリストの筆跡」というホテル滞在型の謎解き。チェックインのときに白い封筒に入った「この城には『  』が眠っている」という冊子、青い封筒、ホテルの注意書き、鉛筆などが渡されます。のちにこの渡されたものとフロントでの説明がヒントとなったり、大きな意味をもったりするのですが、すべてを気づいているわけもなくスタート。
途中、頭が冴えてどんどん謎がとける時間もあったのですが、そこで使い果たし、後半たくさんヒントをもらったのに、最後のアイテムも手に入れたのに解けませんでした。ちょっとくやしいですが、正解者は2割くらいらしく、それじゃできなくてもしかたないです。

翌日は「星の王子さまミュージアム」へ行って、また謎解き。こちらは前の日のよりは簡単でした。
小説の「星の王子さま」の雰囲気を壊さずに、謎解きがすすんでいき、最後の大謎はとても綺麗な終わり方で、すっきりいい気分でした。
当日の箱根は雨こそ降っていなかったのですが、ぼんやり霧模様、庭からみる建物がエキゾチックで星の王子様の世界に迷い込んだようでした。写真をとるのを忘れたのが残念でなりません。

そんなこんなで楽しい謎解き2日間、解けたとことで何をもらえるわけでもないのですが、ボケ防止にはいいよね。ホテルの謎解きはもう終わってしまいましたが、星の王子さまミュージアムのほうはまだやっています。謎解きと星の王子さまが好きなかたにはお勧めです。

謎解き
(2018年08月07日)

ハウステンボスと大村湾

Category: General
長崎ハウステンボスに行ってきました。今は薔薇がきれいな時なのでそれを狙ったのですが、薔薇祭りの期間はまだ半分もきていないのに、散り始めていて、満開はもう少し前だったかなという感じ。それでも2000品種を誇る薔薇は見事で、これだけの薔薇を見る機会はそうはなく堪能しました。紫陽花も咲き始めていて、本当に今年はすべての花が早いです。

泊まったホテルが、「ホテルヨーロッパ」ここでも薔薇の展示があり、部屋も壁紙や香りが薔薇、薔薇尽くしの2日間でした。
朝食をとったフレンチレストランはテラスの外に水がたたえられ、水の中庭のようになっています。さざ波が立っていて、これって海なの? レストランの人に聞いてみたら、海水だと言っていたので、間違いありません。この日は風があったのに、潮の香りもあまりしません。そういえば、ハウステンボス内の運河も海のはず。さっきガイドさんが、(近くの)有明海や佐世保湾は潮の干満が3~4mあるといっていたようなような。そんなに干満があったら、ここにも影響があるのではなかろうか…。ってわけで、帰ってからハウステンボスがある大村湾のことを調べてみました。
ハウステンボス

大村湾は外海との接点である湾口部がわずかな、超閉鎖性海域で、そのおだやかな波がうちよせる音から「琴の湖(ことのうみ)」と呼ばれています。なるほど、海というよりは湖に近いのかもしれません。
湾口部がわずかなため、佐世保湾の干満よりも3時間遅れるために、その時間のうちに佐世保湾が逆の変化をおこすため、結果として1mくらいの干満の差になるそうです。そして、そのおだやかな干満を利用して、ハウステンボス内の運河の水を入れ替え、園内には水処理施設があり、大村湾に戻す海水は、もとの水より水質がよいのだそうです。外海よりも塩分もやや低いのと、この水処理施設のおかげで、あまり潮の匂いがしないのかもしれません。

うーんなるほど、ハウステンボスはうまく自然を利用したテーマパークだったのですね。知っている人は知っていることなのだろうけど、地理に弱い私は行ってみて調べてみないとわからない。いろいろなことがわかって旅はいいですね、やっぱり。


オトメのカタチオトメのカタチ
今週の展示は「オトメのカタチ」、ファッション・服飾・雑貨・イラスト・アクセサリーなどの展示即売です。乙女の宝物があちこちにちりばめられているような展示です。宝物をさがしに是非お越しください。29日まで。




(2018年05月27日)

服に貼れる電池

Category: General
5月になりました。日差しは強いけれど、風は心地よく、1年で一番好きな月です。

さて、服に貼れる電池なるものが開発されたらしいです。厚さ1000分の3㎜という超薄型の太陽電池。アイロンで服に貼り付けられて、洗濯もOKというすぐれもの。これによりスマホの充電や、身に着けるものの充電が(例えば補聴器とかかな?)可能になるそうです。えーすごい、もうスマホ用のバッテリーとか持ち歩かなくてよくなるんだ。科学の進歩は素晴らしい!

と思ったところで、気づきました。洋服って、特に女性は、山のように持ってますね。日本には四季があるので、春夏秋冬服がかわる。1枚に電池装着したってしかたないんじゃないか?洗濯できるよりも、剥がせて、何度でも貼り替えられなきゃ意味がないような気がするんですが…
それか、使い捨てカイロのように、すごく安価でないと、あまり使いみちがないんじゃなかろうか?
バッグに貼り付けたとしても、TPOや気分でバック変えるしなー。いつも持ち歩く財布や携帯電話なんかだと太陽電池だからダメだろうし。

ふむ、そうだとすると、庶民レベルでの使用はまだ先なのかもしれませんね。どのように実用化していくのか楽しみです。


LemonLemon
今週の展示は「Lemon」。多摩美術大学の学生さんの三人展です。絵画・立体・工芸など。インスタレーションの要素もあり、シックでお洒落な雰囲気の展示です。作品とともに空間もお楽しみください。8日まで。
(2018年05月06日)

迷惑メール

Category: General
最近の迷惑メールのまぎらわしさがすごい。Amazonのアカウントがブロックされているとか、楽天カードの利用明細のお知らせがきたりとか…どちらも、通販用につかっているアドレスにきたのではないし、楽天カードも使っていないので、簡単に迷惑メールと判断できたのですが、2、3日前にきた迷惑メールがつくりこんであってちょっとすごかった。

それは、「【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)」という件名で、差出人も「order@rakuten.co.jp」となっていました。「クレールオンラインショップ 」から車用のオーディオキットを購入したというお知らせ。もちろんそんなもの購入した覚えはないけれど、「こちらの注文に覚えのない場合は、ショップか楽天市場に連絡してください。」云々のことが書いてあり、そこにリンクがはってあります。これってついリンクを踏みたくなりませんか?

楽天では、時々買い物をするし、そのときにくる確認メールと見た目そっくりです。思わず「えっ、こんなの買ってない」と思ってしまいました。よくよくみれば、メールに数多はってあるリンクがすべて同じであやしい。購入者の名前も入っていないってことで気づきましたが、これって知らずにリンク踏んじゃう人って少なくないんじゃないかという気がしました。

そして、この「クレールオンラインショップ」は楽天の中に実際に存在しています。なりすまされたショップこそ気の毒としかいいようがありません。
ウィルス検知ソフトでもひっかからなかったし、一応、報告もかねて、楽天に問い合わせしてみました。やはり、迷惑メールで、その日に多くの問い合わせがあったそうです。

今は、もうWEB上のあちこちで注意喚起してあるし、その後にきた同内容のメールにはウィルス検知ソフトでも警告してくるので、だまされることないと思います。でも、次はどんな新手のメールがくるのか、そのときに私はきちんと判断できるのかひやひやします。身におぼえのないメールは注意しなければと思う今日この頃です。


岡村華子リトグラフ展岡村華子リトグラフ展
今週の展示は「岡村華子リトグラフ展」です。春のそよ風のような優しい雰囲気の展示です。春風にさそわれて、足をお運びください。27日まで。


(2018年03月24日)

iphoneを新しくしました

Category: General

3年半使ったiphone5cが電池切れがはやくなり、限界を感じiphone8に買い換えました。

携帯を買い替えるときは、いつも一応調べてみます。今まで使っていたものがそのまま使えるのかとか、価格とか…。iphoneだとicloudにバックアップがとれるので、スムーズに新しい機種に移行するならやはりiphoneの上位機種か。価格は高いけど、仕事でも使っているししかたないかなと決めて、いざd●●omoショップへ。
ここまで調べて決めるのも、けっこう時間がかかっています。

d●●omoショップへ行っても、あまりすんなりとはいきません。携帯を持ち始めてから20年、もう7、8台目なのですが、変えるたびに確認事項が多くなって時間がかかります。おまけにandoroidが押しなのか、iphoneだとショップの人の対応がやや冷たく感じます。何かといえば、「それはアップルに聞いてください」と言われるし、Lineのアカウントの引き継ぎ方が不安だったので、それをきいても、「それは、Lineの問題なので」と言われてしまいます。まぁその通りなので気持ちはわかるんだけどね。でも私はずーとd●●omoなんだから、もう少し親切にしてくれてもいいじゃんという気もしてきてしまいます。

かくして、家に持って帰ってicloudから引き継ぎ、Lineアカウントも過去データが消えることなくうまくいきました。ただひとつできなくてサポートに電話で聞いたのが、キャリアのメールの設定。これってd●●omoの問題だよねー。とちょっともやもやします。

新しいスマホは電池切れの心配もなくなり、さくさく動くし、カメラは綺麗だし快適です。でもここに至るまでが毎回苦労します。こんなの私だけなんだろうか?


MediaWomanMediaWoman.jpg
今週の展示は「Media/Woman」。女子美術大学大学院 中国からの留学生3人のイラスト・写真・アニメーションの展示です。3人の感性を感じてください。30日まで。
(2018年01月28日)

OK Google!

Category: General
クリスマスプレゼントに頂いたGoogle Home Miniを、年が明けてからやっと設定しました。

テレビのCMなどではよく見ますが、Google Homeをはじめとするスマートスピーカーっていったいどういう仕組みになっているんだろうと気になっていました。さりとて自分で買う気にはならなったので、こういうクリスマスプレゼントは気が利いていて、嬉しかったです。

けっきょくのところ、スマートフォンにアプリを入れてbluetoothで遠隔操作をするデバイスなんだということや、いちいち「OK Google」と言ってから話しかけるのは、他の言葉を拾わないためなど、設定してみてやっと理屈がわかりました。これだけでも私の好奇心を満足するものでした。

よくスマホをどこに置いたか忘れてしまうので、「OK Google、スマートフォンならして」というのをやってみたかったのですが、Androidだけでiphoneはダメらしい。また、声の似ている姉の声でも認識してしまうのはご愛敬ですが、スマートフォンの進歩ってすごいんだなぁと改めて感じました。

1週間ほど前から、アラームを設定して、Google Home Miniで起こされるのが日課となっています。うまくつかえばけっこう役にたつのかもね。


alightalight
今週の展示は、「~第1幕 "見上げれば煌めき"~ ALIGHT展示即売会」です。ギャラリー内はたくさんの素敵お洋服が煌めいています。是非お越しください。明日(15日)までです。
(2018年01月14日)

クリスマスは嵐のライブ

Category: General

はやいもので、2017年もあとわずかです。本当に月日のたつのがはやく感じられます。

さて、クリスマスには東京ドームの嵐のライブ「untitled」に行ってきました。嵐のファンの友人のお付き合いで行ったのですが、これが思ったよりずっとずっと楽しくて面白かったので、ちょっと書き残しておきたくなりました。

席は、野球でいえばネット裏と1累ベンチ上の間くらいの前のほう、ドーム全体が見渡せるし、かなりいい席です。嵐の曲は数曲しか知らなかったのですが、演出と映像が豪華で素晴らしいので、それでも十分に楽しめました。
ドームはずいぶん前に外国人アーチストのライブで行ったことがありますが、その時よりも音質やスクリーンの精度が全然違う。とくにバックスクリーンあたりに設置された超大型スクリーンの精度が素晴らしい。当然ながら、本物は豆粒のようにしか見えないのですが、スクリーンの大きさと精度がそれを感じさせない。映像もとても美しくよくできていて、レーザービームも効果的に使われています。それだけ見ていても飽きることはありません。
観客がもっているライトも制御されていて、どうしてこんなにうまくできるのかと思うくらい。ウェーブのように「ARASHI」や「TOKYO」の文字が流れていったりもしていました。イルミネーションでつつまれるドームはクリスマスそのもの。
あの広いドームをうまくつかって、ワゴン(移動ステージ)のようなものを動かして、2時間弱の時間の中で、メンバーがそれぞれどの観客にも近くなるように移動したりで、演出もすごいなぁと感心してしまいました。(あのハイテクの中で、一人乗りの小さいワゴンは人力で動かしていたのは、ご愛敬で微笑ましかったです。)演出にはメンバーもかかわっているそうで、彼らは本当にエンターテナー、人気があるわけです。

10年ほど前のクリスマスの時期に、六本木ビルボードライブで井上陽水のライブに行ったことがあります。あのときの大人のしっとりとしたクリスマスにも感激したけれど、今年のクリスマスは文句なく楽しくて嬉しいクリスマス、ライブというようも大エンターティメントに参戦したという感じでした。どちらも貴重な体験です。

このライブのチケット、友人の付き合いとはいえ、当てたのは私です。おそらく10倍を超える倍率のプラチナチケット、籤運の悪い私がよく当たったものです。この運を2018年までもっていきたい。神様よろしくお願いします。
(2017年12月28日)
©2003-2013 Galerie Juillet.