管理人の独り言

管理人の独り言 le monologue

小さい者が大きい者を -テニス西岡選手の活躍ー

Category: General

かなり前のことになりますが、大相撲で小兵の舞の海が「技のデパート」と呼ばれ、多彩な技で大型力士を倒すことで人気があり、楽しみに見ていた時期がありました。

今、開催中のテニスのマスターズのインディアンウェルズ(アメリカ)大会で、日本の西岡選手が大活躍。(4、5年前から見るだけですが、テニスにはまっております。)
西岡選手は身長170㎝の小柄な体格、今のテニス界は180㎝でも小さいくらい、190㎝を超える選手も少なくありません。もちろん身長が高いほうが有利と言われています。そんな小柄の西岡選手が、ボールを拾いまくり、多彩な変化をつけてボールを返し、大きな選手を倒していく。最大の身長の選手との差は、なんと41cm、まるで大人と子供ほども違う差で、勝利を奪う、その姿は痛快で、ふと舞の海のことを思い出しました。(舞の海も170cmくらいでしたね)
日本人以外の観客も小さくて頑張っている西岡選手のことを、応援している人が多かったそうです。

そういえば、昔話の「一寸法師」も、大きな鬼の体の中に入ってやっつけるという話だったし、旧約聖書にも巨人ゴリアテを倒すダビデの話があります。古今東西問わず、小さいものが大きいものを倒すのは、人の心をうつのかもしれません。

それにしても、これからのテニス界、錦織選手とともに、西岡選手も楽しみです。次はマイアミの大会、でもまた時差が悩ましい・・・


梨凛花~rinrinka~2017春夏コレクション梨凛花~rinrinka~2017春夏コレクション
今週の展示は、「梨凛花~rinrinka~2017春夏コレクション 展示即売・予約会」。春らしい軽やかで優しいお洋服の展示即売会です。アクセサリーの販売もあります。どなたでも入場できますので、ファッションに興味のある方は是非お越しください。20日

(2017年03月18日)

サポートの差

Category: General

先日、インターネットが急につながらなくなりました。家中のパソコンがつながらなくなり、スマホのWiFiもだめ。となるとインターネット自体かルーター等の問題になるので、障害情報をスマホで調べてみたら、この地域の障害はなさそう。これはサポートに電話するしかありません。

だいたい、サポートに問い合わせると、あまりいい思いをしないことが多いです。最近だと、ITで有名な、かのG社。回答のメールがわかりにくく、質問の内容に答えていないところがあるので、再問合せをすると、なかなか返事がこないわ、のちに問い合わせた別のサポートの人と言うことは違うわで、いったいどうしたらいいの?という感じでした。なので、この問い合わせも少し億劫でした。

ところが、K○D○社のサポート、素晴らしかったです。ひとつひとつわかりやすく確認してくれるし、他社のルーターなのに、形状を調べてくれて、わかりやすく指示してくれました。こちらの都合で電話をかけなおすことになったのですが、数時間後に電話したときのサポートの人(前とは違う人)がまた親切。前回のログもきちんと残されているので、再度説明することも少なく、スムーズにことはすすみ、けっきょく、レンタルしているメディアコンバーター(?)のリセットで無事インターネットはつながりました。しかも、今使っているメディアコンバーターは10年以上たっていて、もう新しい機種がでているからと言って、交換してくれることになりました。
新しい機種は、翌々日には届きました。あーなんて素晴らしい。サポートがいいと、ずっと使い続けようという気になりますね。

しかし、対応が悪かったG社、検索エンジンやブラウザやOSなど、利便性など考えると使わざるを得ないところが、なんとも納得のいかないところでもありますが・・・


Media Garden 2017Media Garden 2017
今週の展示は「Media Garden 2017」。東京経済大学コミュニケーション学部の「表現研究」ゼミ展です。写真・映像・インスタレーションと多彩なジャンル、授業の一環だそうですが、大学っていいなぁと思わせてくれる展示です。Media Gardenに是非。31日まで。

(2017年01月29日)

日曜が最後にあるカレンダー

Category: General

時は師走、カレンダーもあと1枚になり、来年のカレンダーも用意しました。
このカレンダー、最近よくみる日曜日が最後にきているものは、私は絶対に選びません。手帳類も同じです。どんなにデザインが気に入っても使いません。ぱっとみたときに、特に水曜・木曜あたりを間違えることがあるからです。

とはいえ、自分が使っているもの以外のカレンダーは気をつけてみるようにしています。ところが、昨日やってしまったのです。
演劇のチケットをネットで予約するのに、ギャラリーが休みの水曜日をとるつもりが、きれいに第三希望まで、すべて木曜日予約。確認のメールがきたときに、(自分が間違えたくせに)「え、何で木曜なの?」と疑問に思う大失態。サイトを見直すと日曜日が最後にあるカレンダー、あーやってしまったとやっと気づきました。
木曜でもこの時間帯なら行けそう、それとも前もってこの日はギャラリーを休みにすべきかと考えましたが、幸いにも、まだ予約抽選中なので、取り消しがきき、再エントリーできました。ほっ。

「だから、日曜が最後にあるカレンダーは嫌いなんだ!」と息巻いておりますが、けっきょくのところ、気をつけなかった自分が悪いですね。はい。でも私みたいな方、どこかにいませんか?


NOZOMI MIYAZAKI ARTSHOW 2016NOZOMI MIYAZAKI ARTSHOW 2016
今週の展示は「NOZOMI MIYAZAKI ART SHOW 2016」。今年最後の展示です。アメリカンテイストの100枚以上のイラストが並び壮観です。是非お越しください。20日まで。

(2016年12月17日)

「若い人にはわかるまい」

Category: General

昔は、やらなければならないことを、ぎりぎりになってからやるというのがほとんどで、「あーもっとはやくからやっておけばよかった」と思うことが常でしたが、最近そうでもない、いろいろ前もってやることができるようになりました。これって進歩?と思いたいところですが、実はそうではありません。ぎりぎりになってから集中的にやって、間に合わせる自信がなくなってきたからなのです。

いやー年はとりたくないもんだ、と思っていたら、朝日新聞の「オトナになった女子たちへ」というコラムで、伊藤理佐さんが「若い人にはわかるまい」というタイトルで、似たようなことを書いていました。そして最後をこう結んでいます。

「若いってすごい。でも。そんな頃に戻りたくない。若い人には信じてもらえないと思うけど、若い頃になんか、お金をつまれても戻らない。わたしはちゃんとしたおばさんになったのだ。」

そう、若いっていうのは素晴らしい。羨ましくもある。でも戻りたいなんて思わないのです。それは、形こそそれぞれですが、そのあとに誰にでも必ずやってくる苦労を知っているからかもしれないし、楽しいことは思い出として残しておけるからかもしれない。このコラムにいたく同意してしまいました。
伊東理佐さんよりは、私のほうがずいぶん上だけど、私もちゃんとしたおばさんになったと思いたいです。


すごい景色すごい景色
今週の展示は、「すごい景色」。多摩美術大学の油画科の学生さんの2人展です。ギャラリーいっぱいの油絵の大作に圧倒され、タイトルにぴったりの展示です。是非お越しください。13日まで。

(2016年12月11日)

現美新幹線に乗ってみた

Category: General

4月に運行スタートした「現美新幹線」に乗りました。現美新幹線とは越後湯沢~新潟間を1時間弱で走る現代美術を鑑賞できる新幹線で、いわく「世界最速の美術館」です。

現美新幹線現美新幹線

外観はなかなかかっこいいフォルムです。写真家の蜷川実花さんの作品が使われていて、長岡の花火をイメージしたものだそうです。
内部では、何人もの作家の作品が飾られていて、列車に乗りながら現代美術を堪能する。椅子はありますが、あちこち歩き回って鑑賞するという感じです。1時間という時間は短すぎず、長すぎずでちょうどいいかなという感じです。個人的には小牟田悠介さんという作家さんの鏡の車両がよかったけれど、多彩で面白かったです。越後湯沢~新潟間はトンネルが多く、車窓を楽しむ代わりに現代美術をという意図もあるそうです。なるほどー。

せっかく新潟まで行くのに、現美新幹線だけではもったいないってことで、そのあとに月岡温泉でのんびり、次の日に弥彦神社で紅葉をみて帰ってきました。新潟は米どころ、海も近いので海産物も美味しい。美味しいものをたくさん食べて、ゆったりのんびりの旅でした。

ここでふと思いました。今回の旅は満足でしたが、もう一度行きたいかっていうと、もういいかなと。現美新幹線もよかったけれど、中の作品が変わらない限り、1回でいい。誰もがそう思うかどうかわからないけれど、これって観光地の問題だよなぁと。
リピーターをふやすことって、あらゆることに共通の難しい課題なんだろうなと旅の終わりに思ってしまったのでした。



レッドバンブー展レッドバンブー展
今週の展示は「第7回レッドバンブー展」。多彩なジャンルの見ごたえのあるグループ展です。是非お越しください。15日まで。

(2016年11月13日)

「84°33’」

Category: General

楽しみにしていた本が届きました。これは、新星急報社さんの「84°33’」。先の少年展のために書き下した小説です。会期中、すでにWebで公開されていましたが、どうしても紙の活字で読みたくて、我慢して待っていました。

新星急報社さんは、この小説にあわせて、作品やアクセサリーを制作しています。
立体や平面の美術的作品は、自分からは遠いもののような気がするのですが、小説となると、大学は一応日本文学専攻の私には近くて馴染みのあるもののように思えます。もちろん私には小説なぞ書けませんが。
そして、会期中に販売されていた新星急報社さんのアクセサリーを、私もひとつ購入いたしました。そこには「水気のある冷たい指先が額を伝う。」と添え書きがしてありました。これがどんな風に使われているのだろう、と思いながら本が届くのを待っていました。

小説は15歳で双子の片割れを亡くした少年のお話。前述の文章がどこにでてくるのか、言葉をかみしめながら読み進めていましたが、(こういう読み方も初めてかも)、物語のかなり終わりのほうにでてきます。見つけた時、はっと思い、思わずアクセサリーを引っ張り出して見直してしまいました。アクセサリーについている水晶は5本だっただろうか?と。そう水晶は冷たい5本の指を表しているのです。
アクセサリー
私が購入したネックレス

他にも随所に、ああこれは少年展のときのあれ、という表現がでてきます。うーん思わず唸ってしまいました。
立体や平面の作品だと、ぱっとみて、この絵すごいとか、このオブジェ素敵とか、この作家さんいいなぁとか直接的に波が押し寄せるように圧倒されます。しかし、新星急報社さんの作品は、じわじわと心の中にしみとおっていく。実はこういうほうが私好みかもしれません。新星急報社さんは「小説を作るのも、アクセサリーをつくるのも自分の中ではたいしてかわらない」と言っていましたが、小説を読んで、なんとなくわかったような気がしました。
いずれにせよ、稀有な才能なのでしょう。是非この素敵な世界観を拡げていってほしいと思います。

繊細な表現で書き綴られたこの小説は、単体で読んでも興味深いかと思います。こちらから購入できますので、興味をもった方は是非。


そして、「少年展」冷めやらぬ私は、ホームページのトップ画もスパン社さんの作品にしてしまいました。(掲載許可はいただいております。)こちらも素敵な世界観です。

(2016年11月01日)

治療後5年

Category: General

金木犀が香るこの頃、知らぬ間に10月になってしまったという感じです。今年もあと3か月、時の流れの早さに驚きすら感じます。

先日、悪性リンパ腫の治療後の経過観察でCTと血液検査を受けてきました。治療後5年の検査で、いちおうこれが最後となります。無事無罪放免となりましたが、この5年間はとても長い。人間の意識というのは不思議なものです。
5年間、3か月ごとに検査を繰り返して、経過観察をしていたわけですが、普段は忘れていても、検査のたびに再発の恐怖が多かれ少なかれやってきます。
そして、「大丈夫ですね」と言われるたびに、「今自分は何をしたいのか、何をしなけれいけないのか」を考えるようになりました。

おそらく、健康な状態できたら、こんなに真剣に考えなかったのではないかと思います。そして、気づいたのは、やりたいことの多くがこんな展示がしてみたいという、ギャラリーの展示のこと。つくづくいい仕事を選んだもんだと思います。
もう体力的にも精神的にも無理はできないので、細く長く続けられるように、この仕事を頑張っていきたいと思います。

あのときに心配してくださったたくさんの方々、ありがとうございました。5年たって私はこんなに元気です。


書画展書画展
今週の展示は「書画展」、10大学の美術団体による4日間だけの展示です。書と画を一体化させようという意図があり、実験的ではありますが、多様性に富み、おもちゃ箱をひっくり返したような面白さがあります。是非ご覧ください。明日4日まで。

(2016年10月03日)

何故ネット投票をやらないのか?

Category: General

参議院選挙が終わって、東京では都知事の選挙が告示され、2週間後にはまた選挙です。

選挙には、選挙権を得てからよほどのことがない限り、投票しています。でもねぇ、この暑いときに月に2回選挙って…同時選挙にならないものなのか…。こうなると選挙は権利なのか義務なのかわからなくなってきます。

この前、「何故ネット投票をやらないのか?」という話になりました。ネット投票なら若い人も投票するんじゃないか、投票率が上がるんじゃないかと。しかし、そのシステムをつくるのに、堅牢なセキュリティが必要になります。同じ人が複数回投票することが可能になってはならないし、マイナンバーをつかえば、個人情報の漏洩が心配。投票は無記名ということが守られるのか?などと、私などが考えても心配はつきません。
その上、誰もがネットを使えるわけではないので、投票所に出向き、投票するという方法をなくすわけにはいきません。そうなるとかかるコストが莫大になってしまいます。

いや無理だわ、でも外国では少数ながらネット投票の例があるよね。と気づいたところで、ふと思いました。もしかすると今の政権下では、年配の人の投票率が高く、若い人のが低いのが、都合がいいのかも・・・
やっぱり老若男女みんな選挙には行きましょう、行くべきです。でないと若い人の意見や希望が政治に反映されませんよね。


勢いと静寂勢いと静寂
今週の展示は「勢いと静寂」~三鬼美咲・船倉千裕 二人展~です。東京家政大学大学院の2人の作品展です。ギャラリースペースにもよくあった130号の2枚の絵が見ごたえあり。全体的な構成もとてもよい展示です。是非お越しください。19日まで。

(2016年07月16日)

電話にお金をかけない時代

Category: General

携帯の2年しばりが終わって、さぁどうしようか、のりかえて新しいスマホにするかとも考えましたが、HPをみてもどうもよくわかりません。
17年以上ずっとdocomoだし、新しいコースにかえると「ずっとdocomo割」っていうのがあるらしい。これを使えば今よりは安くなりそう。ってわけでドコモショップに行ってきました。しかし、やっぱり混んでる・・・。けっきょく、ドコモショップでインフォメーションに電話して、コースだけ変更ってことにしました。これだったら家でもできましたorz

今のスマホにはまだ不満がないので、このまま使うことにして、「カケホーダイプラン」+「データSパック」という組み合わせにしました。けっきょく月1000円くらいは安くなりそう。たったこれだけなのに疲れました・・・。2年ごとに各社渡り歩くのが一番得というのは聞いていましたが、そういうことやってる人本当にえらいと思ってしまいました。

この「カケホーダイプラン」で通話料が定額になるのは、仕事で携帯を使っている私にはありがたいです。海外はだめだそうですが、それはめったにないし、その時はskypeを使えば安くすむし・・・って考えたところで、もう電話にお金をかける時代じゃないんだなぁと感じました。
15年くらい前までは、国際電話はすごく高かったし、国内でも長電話するとけっこうな金額になりました。それでも電話はビジネスでもプライベートでも必須アイテムでした。今はメールもあるし、LINEなどのSNSを駆使すれば、電話はほとんど使わなくてすみます。若い世代では電話は使わないという人も多いでしょう。もはや電話は必須ではない。うーん隔世の感を禁じ得ませんね。

直接声がきける電話は好きだし、アナログな私にはまだまだ必要なのですが・・・


タカハシカオリWSタカハシカオリWS
上記文とは関係ありませんが、こちらはこの前の土・日に行われた「タカハシカオリワークショップ」で作られた作品です。左が、あらかじめ用意された胴体に頭部をつくり彩色する、フィギュアをつくるワークショップ。右が用意された猫の型に彩色してブローチをつくるワークショップです。不定期に行われます。

(2016年06月29日)

メトロはこね

Category: General

地下鉄新御茶ノ水駅で、千代田線を待っていたら、「メトロはこね」という電車が通過しました。え、ここって地下鉄のホームだよね?都営新宿線にも急行で駅を通過するものがあります。でも、あれは普通の地下鉄の車両です。「メトロはこね」はいかにも特急列車という、きれいな速そうな車両でした。

「メトロはこね」って何?調べてみたら2008年から、本数は少ないものの北千住~箱根湯本を走っているらしいです。表参道までが東京メトロで、その先から箱根湯本までが小田急線のロマンスカー。ロマンスカーといったら新宿からと思いこんでいる私にはびっくりでした。しかも2008年からって。なんだ私が知らないだけじゃん。

そういえば、去年の秋に熱海に行ったとき、浦和の友達がアクティに乗ってくると聞いて、「え、アクティって東京駅から出ているんじゃないの?」と思いましたが、宇都宮線が乗り入れていると聞き、そこでもびっくりした覚えがあります。知らないうちにどんどん便利になっているんですね。

それにしても、地下鉄を走る特急電車の違和感と不思議な感じといったら・・・もしあれに乗れたら、「銀河鉄道の夜」みたいに違う世界にいけるんじゃないかと錯覚するほどでした。知らないってことも悪くないかも。


界展界展
今週の展示は「界展」(kaiten)。イラストと音楽のコラボ展示です。観て聴いて感じてください。5月3日まで。

(2016年04月30日)
©2003-2013 Galerie Juillet.