管理人の独り言 » お雛様は一人ひとつ?

管理人の独り言 le monologue

お雛様は一人ひとつ?

Category: General
3月になりました。ジュイエのトップ画も2月に開催されたKawaharaさんの個展から,私の一番好きな絵をつかわせていただきました。外に置かれていると思われる白い椅子が春の訪れを感じさせます。

3月といえば、明日はひな祭り。母がずっと飾っていたので、古い小さいお雛様を今年も飾りました。お雛様の華やぎは、これもまた春を感じさせていいものです。

先日「お雛様は一人ひとつか?」というような記事を目にしました。子供の身代わりになるお守りという意味からすればそうかもしれませんが、日本の住宅事情を考えると姉妹でひとつずつっていうのもどうかな?と気がします。とはいうものの、妹たる私のお雛様は男雛、女雛一対の立ちびなで、三人官女やお道具がある姉のお雛様が羨ましかったりしたものです。

親から譲られたお雛様も、一人ひとつという考えだと駄目となりますが、昔のいいお雛様なら、残しておきたいし、それもありかなーと思います。その人の事情でいいんじゃないか、とアバウトなことを考えてしまいます。しかし、「身代わりになるお守り」という考え方は素敵だし、見た目の華やかさも、春のうきうきした気分を増してくれます。この文化はずっと守ってほしいなぁと思います。


seagardenseagarden
今週の展示は「SEA GARDEN」東京工芸大学芸術学部アニメーション学科 渡辺・小柳ゼミ 2019 ゼミ展。イラストと映像の展示。まずイラストを制作して、そこからアニメーション化したそうです。3日間だけの展示。明日(3日)まで。是非お越しください。
(2019年03月02日)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
©2003-2013 Galerie Juillet.