管理人の独り言 » 少年展第五回 「サーカスの入口」と「サーカスの少年」

管理人の独り言 le monologue

少年展第五回 「サーカスの入口」と「サーカスの少年」

Category: ギャラリー

ギャラリー協賛企画の「少年展 第五回」が7日から始まって、はやいもので残すところあと3日となってしまいました。

第一回の少年展は2008年、8年かかって五回目を迎えたわけですが、今回で少年展は一区切り、当分開催の予定はありません。
半分以上の作家さんが5回連続、そしてほとんどの作家さんが複数回少年展に参加してくれています。私はずっとその変遷をみていますが、第一回のはじけた雰囲気から比べると、今回はずいぶん落ち着いた感じになっています。

第一回のテーマが「ノスタルジックサーカス」、そのとき参加の鳥居椿さんが「サーカスの入口」という双子の絵を描いていました。そして、今回テーマが「Twins」ということで同じ双子を「サーカスの少年」というタイトル描いています。そしてそのキャプションに添えられた言葉が「あの日のまま、ちっとも年をとっていないのね」。(この2つの絵は、Twitterで鳥居椿さんがポストカードの紹介としてツイートしています。)
そう今回の「サーカスの少年」は第一回の「サーカスの入口」の双子と同じで年はとっていない。だけど、よく見ると少しだけ大人びているのです。「少しだけ大人びる」これが少年展の変遷なのではないかという気がします。参加作家さんも年を重ね、スキルを重ねて、作品も少しずつ洗練され大人びてくる。鳥居椿さんの双子はそれを象徴しているように思います。そしてこれこそが8年間、数を重ねてきた少年展の意味のような気がしてなりません。

長い長いお休みに入る「少年展」、あと3日で終わりを迎えます。ずっと見に来てくださっている方も、初めての方も、どうぞいろいろな「双子たち」に会いに来てください。10月16日(日)まで。

少年展少年展

(2016年10月13日)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
©2003-2013 Galerie Juillet.