管理人の独り言 » 1/100建築模型用添景セット

管理人の独り言 le monologue

1/100建築模型用添景セット

Category: General
先日、新橋演舞場で「にんじん」をみて、ポーラミュージアムアネックスで「Point-Rhythm World -モネの小宇宙」をみて、歌舞伎座夜の部「野田版 桜の森の満開の下」をみる。というひさびさの演劇はしごの充実したハードな1日を過ごしました。
「にんじん」と「野田版 桜の~」のあいだが4時間以上あいてしまうので、ポーラミュージアムだけでは、とうてい時間がつぶせません。しかしさすがは銀座、楽しいところがたくさんあります。

ポーラミュージアムが京橋よりだったので、そこから近い伊東屋によってみることにしました。そもそも文具関係は大好きなので、ここでならいくらでも時間がつぶせます。
そしてやはり、興味深いものをみつけました。それは100分の1と書かれた、模型の背景の人物や乗り物のようなもののセット、組み立ててあるサンプルをみると、ハロウィーンやクリスマス、ひまわり畑やイルカショーやネコカフェ、忠臣蔵なんてものもあります。いやーん楽しい、しばらくその場で楽しんでいました。家に帰って調べたら、テラダモケイという建築模型屋さんが販売しているものでした。私の見たもの以外にもいろいろあって、すごく楽しそう。忠臣蔵編は、私の見たのは、「討ち入り編」でしたが、それ以外にも「松の廊下編」「墓前に報告編」とあるようです。歌舞伎好きの私にはたまりません。全部つくって並べてみたい。

どうせなら「引き上げ編」もあるといいなぁ、両国橋模型もつけてもらって、四十七士を歩かせてみたいです。


写真展「透」写真展「透」
今週の展示は、写真展「透」、「透」という文字からイメージした写真展です。たくさんの「透」を感じに是非お越しください。29日まで。

(2017年08月26日)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
©2003-2013 Galerie Juillet.