管理人の独り言 » 月岡芳年展Ⅱ

管理人の独り言 le monologue

月岡芳年展Ⅱ

Category: ギャラリー

ただいま、ジュイエコレクション第3弾の浮世絵版画展が開催中です。

これらの浮世絵版画は、30年ほど前、引越しのときに戸棚の奥からでてきた数百枚の幕末・明治期の浮世絵の中の一部です。
祖父が手に入れたものらしいということ以外何もわからないという、「なんでも鑑定団」にでてきそうな話ですが、一番興味のあった私の手に残されて、今に至っています。

ギャラリーの10周年記念で2013年に始めた浮世絵版画展ですが、回を重ねるたびに、己の知識の足りなさを痛感し、このまま展示してもいいのかという不安ばかりが先にたちます。そんなとき、迷う私の背中をおしてくださった方々に感謝しております。
今回開催してみて、思ったより自分の浮世絵の知識が増えているのに少し驚いています。7、8年前から少しずつ勉強してきて、3回の展示を重ねたことは、それなりの意味があったのだなぁと思います。継続と経験は力とつくづく感じます。

小さなギャラリーでの展示です。作品数は限られますので、前回展示することができなかった芳年の版画にしぼり、「月岡芳年展Ⅱ」としました。
これらの浮世絵は、私の所有というよりは、今は私があずかっているという感覚が強く、「ひとりで見ているのはもったいない」という思いからきている展示です。気楽に皆さまに楽しんでいただければ、こんなに嬉しいことはありません。
より楽しく見ていただきたいので、できる限り説明をするようにしています。が、浮世絵の知識は人それぞれです。一見してそれを判断するのは難しく、失礼がありましたらご容赦ください。そして、詳しい方がいらしたらいろいろ教えてくだされば幸いです。


月岡芳年展Ⅱ月岡芳年展Ⅱ
「月岡芳年展Ⅱ」は15日までです。入場無料ですので、お気軽にお越しください。
(2017年10月11日)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
©2003-2013 Galerie Juillet.