管理人の独り言 » つきのさばく

管理人の独り言 le monologue

つきのさばく

Category: ギャラリー

今、ギャラリーでは企画展の「つきのさばく」が開催されています。この展示は、「少年展」でおなじみのK.Plusoi.さん、Mel meli Miele:メル メリ ミエーレさん、新星急報社さん、それに明星堂さんを加えて、4名の作家さんのお願いしたアクセサリー・ファッション・オブジェの展示です。

「つきのさばく」は、5月の打ち合わせのときにふとでてきたテーマです。半年の月日をかけ構想をねり、ギャラリーはすっかり「つきのさばく」の世界になっています。ジュイエのスペースは、何も展示していない状態では、シャープで現代的な感じです。それが、ゆったりと穏やかで柔らかい世界に大変身。作家さんはそれぞれ違う世界観を持ちながら、全体としては、違和感なく「つきのさばく」に溶け込んでいます。ギャラリー内につくった洋服の試着室ですら、インスタレーションの展示の一部と間違えられるくらいです。
おりから、先日はスーパームーン、大きく、美しい月の中で開催されているのも、偶然とは思えない何かを感じます。

展示中に、新星急報社さんがアクセサリーのオーダー会を開催しています。これがなかなか面白い。オーダーのテーマが「自分が強くなれるように」とか「オリオン座が好きなので」などと漠然としたものでも、見事に仕上がります。注文するセンスがないと思っていた私も、何かオーダーしようかなという気になっています。

もちろん、他の作家さんの作品も素敵としかいいようがありません。
ジュイエに来たことがあるかたも、それでないかたも、是非この雰囲気を味わいに来ていただければ、この上もなく嬉しく思います。
「つきのさばく」は10日まで開催しています。(新星急報社さんのオーダー会は予約制ですが、空いていれば飛込でも大丈夫です。)是非お越しください。

つきのさばくつきのさばく
写真右は、K.Plusoi.さんのアクセサリー
(2017年12月06日)

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
©2003-2013 Galerie Juillet.